蝉氷坊のブログ

 文殊会通信(読書、映画、美術、酒をめぐる片言隻句)ぶらぶらあるき(県内篇・県外篇)梵夫の時間(おりおりの日誌)

ぶらぶらあるき(徘徊歩記) 八戸キャニオン・寺下観音

 話に聞いていた八戸キャニオンを見ようと思い立った。ネットでは、深さが海抜マイナス160mあり日本でいちばん低い地表が見られる、と書いたブログもある。道を少し迷って展望台に着いた。厚い雲の切れ間から時折差す日が、巨大な鉱坑を見晴るかす恰好の照明装置になった。地上にある巨大な建造物から受けるのとは違うインパクトがある。案内板には170mとあり、その下に薄く160の数字が透けている。坑の3分の1くらいの深さの位置に0mの表示がある。その文字の大きさを想像する。 


f:id:senhyo-bo:20121107145512j:plain

f:id:senhyo-bo:20121107145634j:plain
上の写真の中央部分をズームで撮る

 時間があったので帰りに寺下観音に廻った。ひなびてはいるが仙境の趣がある。古くから神仏混淆の聖地としてにぎわうというが、森閑とした境内に人の姿はない。観音堂があり、神社があり、小さな祠や石仏がある。これは青面金剛であろうか。清雅な渓流があり、巨木の根元がこけにおおわれている。縁日なのか、前に訪れたときには暗かったお堂に灯りが点っていた。荘厳な空気が心地よい。 
 

f:id:senhyo-bo:20121107155012j:plain


 帰ったら朝日新聞(電子版)に、八戸市で「工場萌えツアー」があるというニュースが掲載されていた。八戸キャニオンもコースに入っているらしい。

広告を非表示にする
蝉氷坊通信メンバー  蝉氷坊 1954年生   海*堂 1954年生   高*庵 1958年生   法*斎